スクウェア・エニックスから2003年にゲームキューブ用ソフトとして発売した作品のリマスター版である『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リマスター』の発売が2020年1月23日になると発表された。

スポンサーリンク

対応ハード4種類、クロスプレイにも対応

プレイヤーは世界を蝕む瘴気から自分の村を守るべく、世界中を旅して「ミルラの雫」を集めるアクションRPG。
それまでの「ファイナルファンタジー」シリーズと違い、マルチプレイを前面に押し出して話題になった作品だ。ただ、ゲームキューブ自体がそこまで広まらなかったせいで“好きな人は好きだがそんなに遊んだ人がいない”作品だと個人的には思っている。

その作品のリマスター版がNintendo Switch、PS4、iOS、Androidの4種類のハードに対応して、2020年1月23日に発売予定と発表。
公式サイトには「スマートフォンと、ハードをまたいで一緒に冒険ができるクロスプラットフォームに対応!」と明記されており、ハード問わず一緒にプレイすることができるようだ。

価格はスマートフォン版がお得

家庭用ゲーム版とスマートフォン版で価格に違いがある。

  • Nintendo Switch、PS4版:4,800円(+税)
  • iOS、Android版:2,800円(税込み)

両者の違いは「画面構成・デザイン、解像度には差異がある」程度のようで、どちらを買ってもゲーム内容自体に違いはないようだ。

スポンサーリンク