スポンサーリンク

2019年5月20日 新作スマホゲームアプリ情報 

Auto Chess(オープンベータ版)

Auto Chess オートチェス モバイル版 スクリーンショット

Valve社製MOBAの『Dota2』のModとして登場し、またたく間に大人気ゲームとなった『DOTA AUTO CHESS(ドタ オートチェス)』。
そこの開発元である「Drodo Studio」が、パブリッシャーの「Dragonest Game」とタッグを組んでモバイル向けに配信したのが本作である。

元々がModだったためキャラクターはオリジナルに置き換えられており、PCで遊んでいた人は見た目の違いに少し戸惑うかもしれない。

現在はまだオープンベータでAndroid版のみ配信、iOS版は近日中に配信予定となっている。

「そもそもオートチェスとは?」という人には、以下のIGNの記事がとてもわかりやすい。

Auto Chess

Auto Chess

Dragonest Game無料posted withアプリーチ

ちなみに最近Twitterの広告でよく出てくる(うちみたいなサイトを見る人は出てくるはず)『無限進化・オートチェス』は本作のクローン。
『PUBG』における『荒野行動』みたいに、「なんかオートチェスってのが流行ってるみたいだからやってみよう」という人を狙い撃ちしたゲームなのだが、本家が出るまでのあいだにユーザーを囲い込めるのだろうか。
PUBGはモバイル版が出るのにかなり時間がかかったため、荒野行動は独自の進化を遂げて本家が出たあとも多くのユーザーが残ったわけだが果たして。

ボクと博物館

ボクと博物館 スクリーンショット
ボクと博物館 スクリーンショット

恐竜の化石を発掘して、博物館を盛り上げるカジュアルな経営ゲーム。
発掘パートではマス目のどこかをタップすると化石の一部が出てくるので、形を予想しつつ制限数以内に掘り出せるようタップしていく。
すべて掘り出せると展示が完成。途中でも観客は来てくれるのだが、完成したものを展示しているほうが満足度が高く落としてくれるお金が増える。

サクサク進められるのと、ピクセルアートが可愛く見ていて飽きないのでスキマ時間に遊ぶのにちょうどいい。

ボクと博物館

ボクと博物館

takuya ori無料posted withアプリーチ

UNITOPIA

UNITOPIA スクリーンショット
UNITOPIA スクリーンショット

一見すると『ゲームオブウォー』系の戦略シミュレーションゲームに見えるのだが、自分がいるコロニー(ギルド的なもの)を発展させようと何かするには投票が必要で、ユニットの建設だったり税率(自分が手に入れた資源はコロニーに収めないといけない)変更だったりとみんなでコロニーを作り上げていく感覚がある。
なので、逆に自分一人で何でもやりたいという人には向いていないゲームだ。

知らない誰かと一緒にコロニーを作る割にはチャットなどはなく、自分の好きなように遊べるゆるい繋がりとなっているので、他人とのしがらみがイヤな人は気軽に遊べると思う。

ただ、戦闘がちょっとだけ残念で、RTS風なのだけれどユニットが重なると選択しづらかったり、移動中に方向を変えようとするとその場で立ち止まってしまうなど不慣れな部分も見える。

掘り出し物かもしれないのでもう少し遊んで見る予定。

UNITOPIA

UNITOPIA

RICNAS無料posted withアプリーチ

鬼のいぬ間に

鬼のいぬ間に スクリーンショット

RPGツクール製のアドベンチャーゲーム。
悪さのできない鬼「由羅」が、ある時出会った少女「モモ」に導かれ、悪さを覚えていくのだが……。

基本的にはしらみ潰しに画面内をタップして何かを探すゲーム。
EDは4種類あるらしいが、1周にあまり時間はかからないのでサクッと遊べる。

鬼のいぬ間に

鬼のいぬ間に

SAYAKA KURISHIMA無料posted withアプリーチ

前回のリリース情報はこちら

[5/18]『The Gardens Between』『天将伝』など新作スマホゲーム5本 – 猿ト踊ル

スポンサーリンク